Category Archives: Miscellaneous

MozJPEG 2.0 v.s. MozJPEG 3.0

MozJPEG 2.0 と MozJPEG 3.0の圧縮比の違いを簡単にテストしてみました。

結果
mozjpegtable
ソースとなる画像にもよりますが、極めて若干(1%前後)の圧縮率向上が確認できました。後でソースやパラメータを変えた詳細な調査をします。

コントロール(ソース)
original

MozJPEG 2.0 可逆圧縮
lossless_v2

MozJPEG 3.0 可逆圧縮
losless_v3

MozJPEG 2.0 非可逆圧縮
lossy_v2

MozJPEG 3.0 非可逆圧縮
lossy_v3

MozJPEG 3.0を組み込んだAntelope/Penelopeを近日リリースします。
http://www.voralent.com/products/antelope/
http://www.voralent.com/products/penelope/

mozjpeg 3.0 ビルド方法

MozJPEG 3.0がリリースされました。

Antelope/Penelopeに組み込むべく早速ビルド。
ビルド手順をメモしておきます。

1. ソースをダウンロード
まずはGitHubから最新のソースコードを入手します。
https://github.com/mozilla/mozjpeg

2. Cmake でソリューションファイルを作成
僕はVisual Studioでビルドするため、「Cmake」を利用してVisual Studioのソリューションファイルを作成します。Cmakeで(1.)でダウンロードしたmozjpeg 3.0のソースコードを指定。任意の出力先を指定後、「Configure」を押下してコンパイラを選択します。(例:Visual Studio 2013)
cmake
特にオプションは変更する必要なし。「Generate」ボタンを押してソリューションファイルを作成します。

出来ました。次に、Visual StudioでSLNファイルをオープンします。
files1

3. Visual Studioでコンパイル

nasmをダウンロードします。(未導入の場合)
注意:nasmインストール後、環境変数にパスを通すことを忘れないように。インストーラのデフォルト設定だとC:\Programにはインストールされません。 nasm.exeを検索してオリジナルのディレクトリを探すと手っ取り早いです。

「Release」構成を選択してビルドを行います。vsstrct1

ビルド。
vssuccess

4. おわり
出来ました。とても簡単。
success